Wedding Speech For Mark

Family, friends, and honored guests of the bride and groom—mostly the bride—and brothers and sisters of the faith, Good afternoon.

When Mark asked me to be a groomsman at his wedding, I was honored and pleased. But when he asked me to say a few words on friendship, well, I was speechless. Literally.

You see, while we both went to Stanford and are both EE—I an Electrical Engineer, and he an Economics and East Asian Studies major—we really didn’t have too much else in common.

He loved trance. I liked soft love songs. He missed class to go snowboarding. I skipped snow trips to go to class. He was an extrovert and loved to talk to people; or maybe just to talk; I don’t know. I was very quiet. So it is surprising that we would have anything to do with one another.

But by the grace of God, he showed up at church one morning with some of you in the audience. He came to the Fellowship in Christ at Stanford. And after a year of soul-searching, he committed to staying there.

For the next three years, I was his small group leader and staff. Despite my shortcomings, I witnessed his rapid growth in passion and knowledge. He was a sponge, soaking in everything he can about Christianity.

As he read voraciously, asked piercing questions, and served fervently, it became evident that he lived his life with purpose and conviction. What attracted me to him—sorry, Megumi—was his passion to preserve the purity of the gospel, and his boldness in proclaiming it. We would spend many hours talking after small group, meeting up for lunch, or just meeting up, praying together and talking about spiritual matters, from sin, to church, to the world, but especially about what the gospel means to us.

Any of you who knows Mark knows that he expresses his opinion very strongly. But it was through his intense love of Christ that God opened my eyes to a much grander view of the gospel than I had before.

He has a gift for teaching, and the conviction to put that gift to use. He is, after all, here in Japan, serving faithfully at Oyumino Presbyterian Church, marrying a local woman, and is preparing to go to seminary—all signs of a veritable missionary.

Mark, I know I haven’t been the best at keeping in touch, but I know that no matter what, we have something special: a brotherhood, a fellowship not of similar interests or of worldly ambitions, but a friendship and partnership in the same gospel, the same faith, under the same master, who rescued us from the same sinful state. In the end, this is a bond that is eternal and cannot be broken, because it is forged by the blood of our God, our Lord Jesus Christ.

Megumi, it is my pleasure to finally meet you after so many months of wondering, “Is she real? Has anyone actually met her?” Just kidding. Seriously though, I am pleased to meet you of whom Mark thinks so highly, and hope to enjoy fellowship with you and Mark in the years to come, Lord willing. I look forward to what God will do in and through your marriage. God bless you two.

Thanks to Michelle and Sambi for the translation!

皆様こんにちは!

マークから、結婚式のグルームズメンの依頼を受けたとき、とっても喜びました。何か一言言ってほしいと言われましたが、文字通り言葉になりませんでした。

私たちは同じスタンフォードの学生でしたが、学部は違っていました。私はエンジニアで、彼は経済と東アジア学を専攻していました。私たちにはあまり共通点はありませんでした。

彼の好きな音楽はトランスでしたが、私はゆったりしたラブソングが好きでした。彼はスノーボードに行くために授業を断って、私は授業に行くためにスノーボードを断りました。彼はすごく社交的で人と話すのが好きでした。というか、誰も聞いてなくても話すのが好きでした。私はすごく静かなので、二人がこんなに仲良くなれたのは、本当に不思議に思います。

恵みによって、彼は私たちの行っている教会に来てくれました。そして、一年間信仰などについて悩んだ末、その教会にとどまることを決めてくれました。

それ以来3年間、私は彼のスモールグループのリーダーをさせていただきました。その3年間のうちに、マークの熱心さと知恵の成長を見ることができました。彼は、スポンジのようにキリスト教ついていろんなものを吸収していきました。

彼はたくさん本を読み、鋭い質問を出し、一生懸命奉仕し、人生の目的をより確かにして生きている姿を見ることができました。私にとって、彼の魅力は(ごめんなさい、めぐみさん)、純粋な福音を守り続けて、それを宣言する情熱でした。私たちは長い時間を一緒に過ごして、スモールグループのあと、ごはんを食べに行ったり、一緒に祈ったり、信仰のことを話したりしました。

マークは自分の意見を強く主張する人ですが、それによって、私はキリストの愛と福音に対して、以前よりも目が開かれることになりました。

彼は教える賜物があって、それを一生懸命使おうとしています。わざわざ日本まで来て教会に仕え、日本の女性と結婚し、神学校に行く準備をしています。最高の宣教師です。

マーク。私たちは離ればなれの生活を送っていますが、とても深い絆があります。同じ趣味や興味とかではなく、同じ救いにあずかり、同じ主に従い、兄弟となり、福音のために共に働くことができます。私たちの絆はイエス様の血潮によって永遠まで続き、なくなることはありません。

恵さん。やっとお会いできて、本当に嬉しく思います。会えなかったので、ずっと、”恵って本当にいるの?誰も会ったことないよね?”と思っていました。(笑) マークがとても愛して尊敬している恵さんにやっと会えて、本当に嬉しいです。これから、夫婦になったらたくさん遊んで下さい。

神様が、二人の結婚を通してなさるみわざをとても楽しみにしています。

二人に祝福がありますように。

おめでとうございます!